内定式&内定者イベントレポート

2019年度もたくさんのご応募の中から新入社員の皆さまをお迎えすることができました。
新たにMBMの仲間となる内定者たちが参加した式の様子を少しだけ覗いてみましょう!

内定式

内定式は2日間に渡って開催されました。
どんな同期がいるのか?どんな内定式なのか?
様々な不安やドキドキを抱えた状態で内定式がスタート!

1日目の初めに取締役から内定証書を受け取り、内定者たちは春からの社会人生活へ向けて期待が高まったようでした。

内定者イベント

集まった当初は緊張の面持ちでしたが内定者同士での自己紹介やワークを通して、初めて会う同期とも次第に打ち解けることができました。

あっという間に1日目も後半へ近づき、夕方からは役員や面接官を担当した社員を交えた懇親会!
美味しいお食事を堪能しながら、面接では話せなかったことなどをフランクに話す場となりました。

懇親会終了後は宿泊施設へ移動し、同期だけで過ごす時間を楽しんでいただきました。
しっかりと疲れをほぐして翌日へ備えます。

そして2日目は、内定者にもお伝えしていなかったサプライズ企画!
内容は内定後のお楽しみです♪

内定者からの感想

・「こんなに楽しんで良かったのかな」というのが率直な感想です。同期と一緒に過ごす時間を重ねるにつれ、良い意味で気を遣うことなく接することができる仲になりました。MBMのことを勉強しながらも楽しいサプライズだらけの2日間を過ごし、入社が楽しみになりました。

・心の底から楽しませていただきました。2日間かけて内定式が行なわれたため、同期との距離も近くなりました。役員の方とのお食事は緊張しましたが、楽しいお話を聞くことができ、良かったです!

・ゲストに「東京ディズニーリゾート®にまた来たい」と思っていただくためには24時間365日、あらゆる部分を支えるMBMの存在が欠かせないことを学び選考を受けていた頃よりも一層、「MBMで働きたい」という気持ちが強くなりました。

・初めて顔を合わせる同期がいることや、社会人に一歩近づくことへの緊張感がありましたが、同時に期待とワクワク感もありました。交流を進める中で「本当に初めましてなのかな?」という感覚になり2日目の終了までがあっという間でした。

・大卒生と高専卒生で年齢の差があるので、どう振る舞ったらよいのか不安がありましたが、解散する頃にはすっかり気心が知れ、年齢を気にせずに話せるようになりました。また、東京ディズニーリゾート®でのMBMの業務内容を知る中で「こんなところでもMBMが関わっているのか!」と新鮮な発見をいくつもできたことが楽しかったです。

ページの先頭へ